家庭のルール

トイレットペーパーを取り替えてくれない家族に対して決めた我が家のルールとは

 

こんにちは m’m ( @m_m_home ) です♪

 

誰かと暮らしているとトイレに入った時, ペーパーホルダーの中に芯だけが残されている状態だった事ありませんか?

 

m'm
m’m
我が家ではよくある話だったな〜

 

誰かが使った時に終わってしまったのでしょう。

芯を取り替えるだけの事なのに, 我が家ではかなりの確率で

新しいものに替える事なく, 隣のペーパーを使う。という現象が何度もありました。

 

 

私もそのまま放置すれば良いのかもしれませんが、無いと気になるし、便座に座った後に気が付くと予備のペーパーを取るのも手間だし…気が付いたら私が取り替えていました。

「 名もなき家事 」なんて近年は言われるようになりましたが、トイレットペーパーを購入したり、取り替えたりする事も、家族にとっては何とも思わない事なのだろうけど、私にとっては小さな負担の積み重ねになっていました。

たったそれだけの事めんどくさがらずにやれば良いのに…と思う方もいるでしょうが、

私はイヤです。(笑)

たったそれだけの事なんだから、終わりまで使った人が取り替えてくれたら良いと思います。トイレットペーパーを替える作業なんて子どもでもできるはず。

そこで、我が家はルールを作りました。

「トイレットペーパーを終わらせたら、終わらせた人が取り替える」

「取り替え忘れたら罰金500円

500円は子ども達にとっては大金です。旦那にとっても、たかがトイレットペーパーを替えなかっただけで500円を払わなければいけないのはイヤなのでしょう。これがすごく効果があったんです!

このルールを決めてから、芯だけが残される事はなくなりました。そして、私がトイレットペーパーを取り替える作業もかなり減りました。こうやって1つ1つ家庭内のルールを決めないといけないのか…と思いましたが、やっぱり小さな事でも私の負担が減るので、ルールを決めたのは正解だったなと思います。

でも…

こんな現象も見られるようになりました。


あと1回分も無いギリギリのものが残され、この状態になると、隣のペーパーから使われ始めます。(笑) 

まぁでも、隣のペーパーもこの状態になると、ちゃんと誰かが取り替えてくれるのでそこは口は出さないようにしています。(笑)

トイレットペーパーを替えてくれない…ともやもやしている方は是非参考にしてみてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。♡